夏の現場 必需品 〜夏のEXシアターは戦場だ〜

多くのJr.担にとって夏の現場といえば。そう、EX THEATER ROPPONGI!! 炎天下の中、厳しい陽射しが照りつける屋上に1500人以上が整列して開場の時を待つ。開場されてもそこに待ち受けるは座席のないだだっ広いフロア。開演まで耐えて立ち続け、終演後外に出…

髙橋優斗〜らじらーリア恋セリフ集〜

髙橋優斗。それはリア恋という概念を具現化した人間の名前である。 HiHi Jet 髙橋優斗くんのリア恋が急加速して止まらない界隈の皆さんのために、らじらーサタデーでの発言をまとめてみました。 王道リア恋編・恋愛相談編・幼馴染編に分けてお届けします。 …

Jr.担としての本能が、B少年には抗えないと叫んでる

ツイッターで何気に呟いたこの一言が、妙にしっくりきすぎてしまいました。 ジュニア担が続々とB少年に落ちていってる様が愉快すぎて、同時にすごいヤバイ(語彙力)ことが起こっているような気がしたので、ブログでも書いてみようか。と思い立った次第であり…

謎選抜が大好き、でしたと伝えたい

大きな大きな、一番大きな額縁に入れて、無数のライトで一番目立たせて、思い出の一番上に飾ってある。 「謎選抜」という思い出は、今でもずっとその場所が定位置。 でも同時に、氷づけにして人目につかない奥地にひっそりと封印したのが、私の謎選抜への気…

山下智久「FUTURE FANTASY」で感じたスーパーアイドルとは、ということ

2016年12月4日、代々木体育館で行われた山下智久さんのコンサート「FUTURE FANTASY」にお邪魔してきました。 最初はとても軽いノリだった。いつも一緒に現場に行く友達と「山P拝みたくない?」って話から、突発的に決めた山Pコン。山Pの顔が見たいとか知って…

舞台「三婆」に出演した安井謙太郎が誇らしい

大竹しのぶさんを始め確かな実力を持つ役者と共に舞台の一番前に立つ安井くんを見て、涙が溢れ出て止まらなかった。 カーテンコール。幕が開いて大竹しのぶさんらと同じ位置に、彼がいると認識した瞬間の高揚と一瞬で崩壊した涙腺。あのたった一瞬のことを、…

はじめまして、Love-tune!

Love-tuneが、楽しい!!!!!!!!!! 1ヶ月以上書きかけの下書きをしたためていて、はじめましてよりCALLの記事が先に上がってしまったが、今こうしてきちんと気持ちを文字にして書き上げようと思う。 安井くんにはじめてのユニットができて半年が過ぎ…

少年倶楽部「CALL/Love-tune」

2016.10.12、少年倶楽部でLove-tune初めてのオリジナル曲「CALL」が披露された。 舞台「DREAM BOYS」で初披露されてからというものの、曲のインパクトとLove-tuneメンバー達のパフォーマンスの熱量、初めてのオリ曲に歓喜するファンの熱量が相まって、爆発的…

ジャニヲタ自己紹介バトンをやってみた

安井くんの好きなところとか、Love-tuneに対する膨大な熱量とか、文字にしたいことや気持ちはたくさんあって下書きに色々したためてるんですけど、140文字以上を書こうとすると体力気力が必要なのでちょっとずつしか手を出せずにいます。 ということで、何も…

安井謙太郎が好きということ

安井謙太郎という男が好きだ。 ステージで、ギラギラと燃える彼が好きだ。 安井くんを好きになったのは2012年に行われたA.B.C-ZのSUMMARY、半年後に発売されたそのDVDを見たとき。 身体を仰け反らせて高音を苦しそうに歌い上げるその姿に、転げ落ちるように…