少年倶楽部「CALL/Love-tune」

 

 

2016.10.12、少年倶楽部Love-tune初めてのオリジナル曲「CALL」が披露された。

舞台「DREAM BOYS」で初披露されてからというものの、曲のインパクトとLove-tuneメンバー達のパフォーマンスの熱量、初めてのオリ曲に歓喜するファンの熱量が相まって、爆発的な話題となっていた。

帝国劇場という狭い空間でだけ観ることができたその曲が、とうとう世に解き放たれた。

 

と、ここまで真面目な口ぶりで文章を打ってみたがとりあえず脳内はやばい、しかない。終わってからずっとやばいとしか言えてない。

語彙力が死んだ状態でブログに手をつける無謀さを感じつつ、とりあえずそのやばさを残しておかなければいけないという無駄な使命感に駆られてここへきた。

Love-tune最高だな!!!

7人それぞれに歴史がある。挫折を感じたことも上手くいかないと嘆いたこともあるだろう。でも7人には確かな経験がある。

抱えたBroken heart

ひとつになればほらPath to glory

そんな7人が集まったから、栄光への道がひらける。Love-tuneが切りひらいていく道は、開くであり拓くでもあると思う。

未知の世界への扉を開くという未来形の開く、一歩ずつ耕していくという現在進行形の拓く。先の見えない闇の中を進むとき、大きな壁や障害に直面したとき、悪いことが続くどん底のとき、ゴールが見えない長い道のりを進むとき。……彼らは諦めなかった。だからこそ今、7人でPath to glory。栄光への道がひらけた。

Love-tuneのための、Love-tuneの歌だ。ステージを駆け回る姿も、曲が持つ疾走感も、言葉の意味も、ダンスと楽器の融合も、Love-tuneだからこそ私達の心に響く。Love-tuneが歌うために生まれた歌。

この日をどれだけ待ちわびただろう。その時その時の括りの中で爪痕を残してきた安井くん。どんな時でも手を抜かず、けれどどこか冷静な目でその場所に立っていた安井くんが、初めて手にしたユニットという夢。

安井くんのユニットのオリジナル曲。私達が夢にまで見たこの光景を、夢なんかじゃないと本気でぶつかってくる彼ら。

安井くんが本気で未来を切りひらいていく場所が、Love-tuneでよかったと本当に思う。熱さと勢いとギラギラ感が好きという個人的な趣味もあるが、Love-tuneに未来を夢見ることに不安がない。

この7人で、必ず何かをやってくれる。そんな期待と自信を持つことを、Love-tuneは許してくれる。かかってこいよと、俺たちの明日を掴め!と叫んでくれる。

ついていく、なんて甘っちょろい。凄いスピードで栄光への道を突き進んでいく彼らに遅れを取らないように、こちらも本気で、無我夢中で彼らにしがみついていきたい。

凄い未来が待ってるぞ。凄い景色が見れる。Love-tuneには、その力がある。

 

 

 

ジャニヲタ自己紹介バトンをやってみた

 

安井くんの好きなところとか、Love-tuneに対する膨大な熱量とか、文字にしたいことや気持ちはたくさんあって下書きに色々したためてるんですけど、140文字以上を書こうとすると体力気力が必要なのでちょっとずつしか手を出せずにいます。

ということで、何も考えずに取り組めちゃう自己紹介バトンとやらをとりあえずやっておこうかなと。

バトン全盛期思い出してたのしー!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【名前】

ルッチ

 

【今の担当は?】

安井謙太郎くん

 

【いつからジャニヲタ?(きっかけも是非)】

きっかけは小学生の頃、友人のお母さんがJr.担で家に遊び行くたびにJr.の映像見せられて洗脳された。小原くんちょうかっこいいー!♡キラキラしてるー!♡宮城くんもすきー♡とか言ってた。あのママさんにはどっぷりジャニ沼にはまるよう英才教育してくれて感謝している。

ジャニーズではじめて好きになったのは小原くんだったなぁ〜でもこの頃はヲタクというより、かわいくファンしてた感じ。担当とかいう言葉も知らなかった。

 

【担当遍歴】

小原裕貴くん

好きになってまあまあすぐ退所したから小原くんがやめたあとは素顔(Jr.コンのVHS)を鬼のようにリピートしながら、デビューしたての嵐とか結成したてのKAT-TUNとか見てた。いわゆる事務所担ってやつ。

浅香航大

中学生に上がりネット環境が整うと担当という言葉を覚える。はじめて担当と名乗ったのは浅香。ジャニヲタ人生の青春期に入る。

・第二の事務所担

まあ辛かった。浅香の面影追い求めて彷徨っていた。辰巳とか佐久間とかクエスらへんの現場しらみ潰しに通ってた。

中島健人

はじめてデビュー組を好きになった。第二の青春はじまったよー!

安井謙太郎

最強。だいすき。

 

【好きなシンメorコンビ(への思いも是非)】

宮城俊太×福田悠太

ほう…これがシンメというものか…とシンメを認識したはじめてのひとたち

・じんかめ  ・やぶひか

KAT-TUNYa-Ya-yahに育てられたもので刷り込みのように永遠にここが2TOPだと思っている

・京安

好きだよもちろん。なんだかんだでじんかめに匹敵する二人ではと思っている

・みゅうたろう

グズグズしてる場合じゃない、さあ一発打ち上げんだぜ相棒!

 

【1番心に残ってる現場】

えっなにそれしぼりきれる…?むりじゃない…?

・Question?@品川ステラボール

今となってはあんな狭い箱にすげえ豪華なメンツ揃ってたよね。Question?かっこいいし純粋にすごい楽しかった。

・ガムシャラvol.9

前回の伝説を越えられるのか、のハードル上がりきった状態でも最高の盛り上がりを見せてくれた。特別な状況じゃなくても伝説は作れる!

・2015年サマステチーム覇最終公演

今までの現場でいちばん青春感じて涙に濡れた公演

 

【初めて行った現場】

Spring 05 Looking KAT-TUN

 

【最近行った現場】

DREAM BOYS

 

【次行く現場】

三婆

 

【記憶に残ってるファンサ】

はまちゃんがはまちゃんカラーのあほサングラスかけてるちびっこ抱っこしてたのすごい好きだった結婚してほしい

 

【好きな曲TOP3】

・ROCK U

安井くんが披露したROCK Uがずっといちばん好きです

・CALL/Love-tune

・NEWS曲全般(TOP3なのにごめんなさい)

 

【好きな振り付けTOP3】

・Ride Wite Me

・Guys PLAYZONE

・安井くんが踊ればなんでも好きだわ

 

【自分がJrになれたらバックにつきたい曲(複数可)】

バックにつきたいというかプレゾンに出たい

 

【1番好きなペンライト】

Love-tune 1stコンサートのオリジナルペンラ♡って言う予定

 

【1番好きな衣装】

Love-tuneのピンクオリ衣装一択!!!!

 

【この映像は見て欲しい!というオススメ】

2016.9月現在まだ放送されていませんが少年倶楽部のCALL/Love-tuneだし放送されてからも確実にCALL/Love-tune

 

【ジャニヲタになる前の趣味は?】

なる前の趣味はないけど間にギャルサー挟んだりしてたからパラパラ踊ったりしてたんや

 

【最近気になっている子】

浮所飛貴くんめっかわ

 

【最後に一言!】

Love-tune担当のお友達がほしいです。現場ご一緒したり鑑賞会したりご飯お酒お茶なんでも喜んで飛んでいきます。

over25安井謙太郎くん担当ルッチをどうぞよろしくお願いいたします〜!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

安井謙太郎が好きということ

 

 

安井謙太郎という男が好きだ。

ステージで、ギラギラと燃える彼が好きだ。

 

安井くんを好きになったのは2012年に行われたA.B.C-ZのSUMMARY、半年後に発売されたそのDVDを見たとき。

身体を仰け反らせて高音を苦しそうに歌い上げるその姿に、転げ落ちるように魅入られたのが始まり。

 

人生の半分以上を占めるジャニヲタ人生で、安井くんを好きになってもうすぐ4年。短いかもしれないけど、それでも濃い濃い4年間。

安井くんを好きになってからの4年間は、まるで上昇気流にその身を乗せたようだった。

 

黒髪の安井くんが茶髪になったとき、謎選抜という名で呼ばれたとき、センターで歌うようになったとき、誰にも負けない武器を手にしたとき、センターが似合う人になったとき、そしてはじめてのユニットができたとき。

 目まぐるしく変わる環境と、それに付随して前へ前へ進む安井くんを見ていると、あっという間の4年間。

その4年間と、これからの永い永い未来を、形に残しておきたくて今更ながらブログをはじめてみます。